「環境問題」カテゴリーアーカイブ

パナマ運河、気候変動で危機

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
google_ad_client: “ca-pub-9026794625747798”,
enable_page_level_ads: true
});
パナマ運河の人造湖、ガトゥン湖のダムを上から見渡して、何が欠けているか分かるだろうか。同運河の中間付近に位置するガトゥン湖にはコンテナ船が所在なげに浮かび、大西洋への玄関口となるカリブ海への通航を待っている。湖に浮かぶ島のように見えるのは、湖底から突き出ている丘の頂上だ。米国人技術者らが1世紀前にこの地をせき止め、当時としては世界最大の人造湖をつくった。全ては順調にみえるが、同運河を管理するパナマ運河庁の警備員はある問題を指摘する。ダムの水位が本来あるべき水準より1.8メートル低い、と。
ガトゥン湖の水はパナマの生命線だ。湖は4月中旬から12月中旬までの雨期の間、乾期に備え雨水をためる。近くにある別の人造湖アラフエラ湖とともに、首都パナマ市に飲料水を供給している。ガトゥン湖はパナマ運河の5分の2を占める。パナマ運河は世界の海上貿易の3%を担い、クルーズ船や時には原子力潜水艦も太平洋と大西洋を結ぶこの近道を行き交う。運河庁はパナマ政府の歳入の8分の1を稼ぎ出す。ダムの現場技術者オスカー・マッケイ氏は「ここでは水がカネになる」と話す。
■深刻な干ばつは、乾期の長期化の兆しか
ガトゥン湖の水面は通常、雨期には標高26.5メートルまで上昇し、乾期が終わる頃には25.9メートルに下がる。だが、乾期が長引くと重大な問題が生じる。水位が24.4メートルを下回ると、船体が湖底をこすらないよう、運河庁は運河を通航できる最大サイズの船「ネオパナマックス」に積載量の制限を課す。24メートルを下回れば、もう少し小さな「パナマックス」船でも湖を出入りする際に水門の底に当たる恐れが生じる。パナマは今年6月、1903年の独立以降で最も深刻な干ばつに襲われ、ガトゥン湖の水位はその水準に迫った。2016年には乾期が今年より長引き(干ばつの程度は今年ほど深刻ではなかったが)、この基準を初めて下回った。
パナマ市の人口は増え、運河を通航する船舶も増えているため、水位がその水準まで下がる可能性は高まっている。船が運河の水門を通るたび、ガトゥン湖は2億リットルの水を放出するからだ。乾期には、運河からの放水で水位が月80センチメートル下がることもある。
今年は多くの船舶に積載制限を課したため、運河庁の収入は数百万ドル落ちた。ある幹部は、親指と人さし指をくっつけて、運河の収入の落ち込みは「もっとひどくなっていたかもしれない」と話す。パナマックス船にまで積載制限を課すことは辛うじて回避できたからだという。
7月以降の雨で水位は24.7メートルに上昇したが、不安は和らいでいない。2014年以降に相次いだ深刻な干ばつは、乾期が長期化しつつある兆しかもしれないからだ。これが事実なら、パナマ市への水の供給や政府の歳入だけでなく、パナマ運河の貿易の拠点としての役割も脅かされる。運河庁の幹部だったオネシモ・サンチェス氏は「国際サプライチェーン(供給網)では、どれだけの貨物を運河を航行させられるのか安定していることが決め手となる」と指摘する。パナマ運河を通過できる貨物量が不安定になれば、海運各社はコストが高くても別のルートを選ぶようになる。

続きを読む パナマ運河、気候変動で危機

荒ぶる火山 どう向き合う 御嶽山噴火5年 レベル1も警戒

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
google_ad_client: “ca-pub-9026794625747798”,
enable_page_level_ads: true
});
戦後最悪の火山災害となった御嶽山(長野・岐阜県)の噴火からまもなく5年がたつ。火山活動は落ち着いたが、観光業や地域経済への影響は今も残る。東日本大震災後、日本の火山はにわかに活発になり各地で噴火が相次いだ。火山は温泉などの恵みをもたらす一方、災害の危険と常に背中合わせだ。周辺の地域では火山と共生する手探りが続いている。
8月下旬の週末、御嶽山頂の剣ケ峰(3067メートル)は登山者でにぎわっていた。死者・不明者63人を出した2014年9月27日の噴火後、火口周辺は立ち入り規制が続くが、今年から夏期に山頂まで登れるようになった。近くには避難用のシェルターが新設され、火口1キロメートル圏にある山小屋も噴石に耐える特殊な繊維で覆って再建された。
ただ最近の登山者数は噴火前に比べ8割程度にとどまる。山麓の観光案内所の職員は「犠牲者の遺族の気持ちを思うと、遊びに来てと積極的にPRするのは気が引ける」と複雑な胸中を明かす。
御嶽山は活発な時期と静かな時期を繰り返し「常に謎を突きつける火山」(名古屋大学御嶽山火山研究施設の国友孝洋特任准教授)だ。有史以降、噴火記録がなく死火山と思われていたが、1979年に突然噴火した。活火山の定義が「おおむね過去1万年以内に噴火」などと見直されるきっかけになった。
14年の噴火災害はふたつの重い教訓を残した。
ひとつが異変を観測したとき情報をどう伝えるかだ。この噴火では17日前から火山性地震が増え、気象庁は解説情報を公表した。しかし噴火の恐れを示す警戒レベルを「1(平常)」に据え置いたため、多くの登山者が異変を知らずに入山し悲劇を招いた。
これを教訓に気象庁はレベル1の説明を「活火山であることに留意」と改め、臨時情報や噴火速報を迅速に公表する体制に変えた。自治体も登山口の看板などで登山者への注意を徹底している。
ふたつめの教訓が、将来も続く噴火リスクとどう向き合うかだ。地元の長野県や木曽町、岐阜県などは北海道・有珠山の噴火を乗り越えた洞爺湖町や壮瞥町を参考に、火山との共生策を探っている。
長野県は、住民が火山について学び情報発信も担う「御嶽山火山マイスター制度」を始めた。これまでに山岳ガイドや教師ら11人を認定した。「よく学び、畏れ、再発見する」を合言葉に、研究者を招いた勉強会や一般向けの自然観察会を開き、県外からも参加者を集めている。
地元の小中学生の学習機会も増やし、約60人を「ジュニア火山マイスター」に認定した。木曽町立三岳小学校教頭でマイスターでもある川上明宏さんは「火山を畏れ、故郷を愛する心を世代を超え育みたい」と話す。
2015年6月、箱根山(神奈川県)で起きたごく小規模な噴火も観光業に打撃を与え、年2千万人を数えた観光客は一時、2割近く減少した。箱根山は3千年前の活動で芦ノ湖が誕生して以降、静かな時期が続いていた。活動はいったん収まったが、今年5月にまた活発になり、警戒レベルも再び引き上げられた。
神奈川県や箱根町は「噴石などで被害が及ぶのは火口のある大涌谷周辺に限られる」と風評を防ぐ広報に懸命だ。町立の博物館、箱根ジオミュージアムも「箱根火山のいま」と題した展示を計7カ所で開催中だ。同ミュージアムの笠間友博さんは「火山活動は前より高い水準で続きそうだが、火山と友達になるという意識をもってほしい」と住民らに呼び掛けている。
2011年の東日本大震災以降、国内の火山は噴火が相次いだ。震災直前に新燃岳(鹿児島・宮崎)、2013年に小笠原諸島・西之島(東京)、2015年に口永良部島(鹿児島)が噴火した。藤井敏嗣東京大学名誉教授は「間違いなく地震、火山両方の活動が高まった。日本のどこかで常に噴火していると考えた方がよい」と話す。
注意が必要な火山はほかにも多い。2018年の噴火で死者が出た草津白根山(群馬)、今年8月に噴火した浅間山(長野・群馬)では火口周辺への立ち入り規制が続いている。蔵王山(山形・宮城)や吾妻山(山形・福島)でも一時、火山性の微動や地震が増え警戒レベルが引き上げられた。
山梨県富士山科学研究所の吉本充宏主幹研究員は「火山は溶岩流や火砕流、噴石、火山灰のほか、泥流や山体崩壊など多様な災害を起こす。どんな被害が起こりうるか知り、正しく畏れることが必要」と話す。「特に登山者は気象庁のホームページなどで最新情報を調べて入山してほしい」と訴えている。
(編集委員 久保田啓介 氏)

三重に集まる建設残土 「土の山」放置、住民ら危惧

緑に囲まれた三重県南部の林野にダンプカーが連日やってくる。積んでいるのは2020年東京五輪・パラリンピックをはじめ大都市圏の工事で出た大量の建設残土だ。突然現れた「土の山」に住民からは土砂崩れなどを危ぶむ声が上がる。なぜ残土は三重に集まるのか。(嶋崎雄太)
三重県の紀勢自動車道を走ると、ピラミッドのような茶色い土の山が見える。紀伊長島インターチェンジ(同県紀北町)近くの山林の一角。約3年前から建設残土が少しずつ積まれ、現在は十数メートルの高さになっている。
近くの町道から見上げると表面は雑草やコケが生え、割れ目が目立つ。「近くには民家もある。崩れたらどうするのか」。紀北町議会で残土の問題を取り上げた岡村哲雄町議(69)は不安そうだ。
県によると、残土の山は紀北町や隣の尾鷲市に少なくとも9カ所ある。大量の残土が持ち込まれ始めたのは12年ごろ。長島港(紀北町)と尾鷲港(尾鷲市)に船で入り、ダンプカーで周辺の山林に運ばれるという。県が確認しただけでも、18年度には25メートルプール280杯分を上回る計約28万トンが港に入った。
「千代田区大手町」「港区六本木」。搬入業者が県に提出した資料によると、残土のほとんどは首都圏や関西の都市部での建物の基礎工事などで掘り起こされたもので、五輪関係の工事もある。
「条例がないから、狙い撃ちされているんでしょうね」。岡村さんは語る。残土を規制する条例は1990年代以降、23府県で定められ、早くから残土が問題になった東京や大阪近郊の自治体は対応が先行した。だが、三重には条例がない。
東北地方の大半の自治体にも条例はないが、搬入業者によると、陸路で東北に運ぶより船で大量搬入した方が大幅にコストが低い。本州の真ん中に位置し東京からも大阪からもアクセスが良く、港の近くに山林が広がる三重が好都合だという。
県担当者は「搬入業者が土地を買い、残土を置くケースが多い」と指摘。過疎化や高齢化で、管理しきれない土地が増えたことも背景に挙げる。
有害物質を含まない残土は産業廃棄物には当たらない。条例の規制がなければ大量に放置すること自体に法的な問題はない。地元の搬入業者は「法令に基づいて運び入れており、土の安全性も確認済み。残土はどこかが受け入れなければならず、地元に理解を得られるようにしたい」と話す。

続きを読む 三重に集まる建設残土 「土の山」放置、住民ら危惧

ハワイやパラオ、日焼け止め規制じわり 「サンゴに有害」

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
google_ad_client: “ca-pub-9026794625747798”,
enable_page_level_ads: true
});
【シドニー=松本史】世界のビーチリゾートで、主要な日焼け止めの販売や使用を規制する動きが広がっている。日焼け止めのクリームやローションに使われることの多い化学物質がサンゴ礁の成長に有害との指摘が出ているためだ。米ハワイ州は2021年から、太平洋の島国パラオは20年から制限する。日本人を含む世界の観光客に影響を及ぼすが、科学的な根拠が不十分だとの声もある。
日本から年間100万人超の観光客が訪れるハワイ州では21年1月から、化学物質「オキシベンゾン」「オクチノキサート」を含む日焼け止めの販売や流通が禁止される。英BBCなどによると、これらの化学物質は大手メーカーが市販する日焼け止め3500種以上に含まれており、影響は大きい。同州のイゲ知事は「ハワイのサンゴ礁を守る第一歩だ」と意義を強調した。フロリダ州キーウェストも21年から同様の措置を導入する。
太平洋の島国パラオは20年からより厳しい規制を敷く方針だ。「サンゴ礁に有害」と定めた10種類の物質を含む日焼け止めの販売に加え、持ち込みも禁止する。販売した場合には最高で1千ドル(約10万6千円)の罰金を科し、持ち込まれた製品は没収する。
メキシコでは法規制はないが、リビエラマヤやシェルハ海洋公園など複数の観光地で市販の日焼け止めを使用しないよう観光客に呼びかけている。
各地で規制が広がるきっかけとなったのは15年発表の研究論文だ。米ハエレティクス環境研究所のクレイグ・ダウンズ博士らは、年間6千〜1万4千トンの日焼け止めがサンゴ礁の生息する海域に流れ込み、オキシベンゾンがサンゴの成長に悪影響を与えていると分析した。
ただ研究結果に疑問の声もある。世界最大のサンゴ礁として知られる豪グレートバリアリーフの海洋公園管理局は「ほぼ全ての実験が屋内の研究所でサンゴの僅かな破片や細胞を使っており、日焼け止めがサンゴに悪影響を与えるという証拠は限定的」として、日焼け止めを制限しない。
化粧品会社の間でも、世界最大手の仏ロレアルが2月、自社のサイトに「化粧品の紫外線吸収剤はサンゴに影響を与えるのか?」と題した文章を投稿した。モナコ科学センターとの共同研究で「ロレアルの日焼け止めに含まれる主な紫外線吸収剤をテストした結果、サンゴ礁に有害な影響はなかった」と強調した。
日本の大手化粧品メーカーが販売する日焼け止めの一部にもオキシベンゾンなどは配合されている。サンゴ礁への影響については資生堂は「国内外の研究機関で評価中で結論は出ていない。必要と判断した場合には、代替物質に切り替える」とし、花王は「規制地域での販売には必要な対応を行う」としている。
米調査会社トランスペアレンシー・マーケット・リサーチによると15年に148億ドルだった日焼け止め市場は24年に68%増の249億ドルまで拡大する見通しだ。皮膚がんとの因果関係など紫外線のリスクへの認識が高まったことで、北米を中心に市場が拡大している。
オーストラリアのがん予防・啓発団体「キャンサー・カウンシル」のヘザー・ウオーカー皮膚がん対策委員長は海洋生物への悪影響は明確でないとし、「日焼け止めががんにつながる紫外線のダメージを防ぐという点には、確固たる証拠がある」と指摘する。各国・地域の日焼け止めへの規制は代替品市場を生み出す可能性も秘めるが、しばらくは賛否両論の議論が続きそうだ。

南米ブラジル アマゾンの違法伐採、気候変動に強い影響

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
google_ad_client: “ca-pub-9026794625747798”,
enable_page_level_ads: true
});
アフリカの草原地帯サバンナ、今も森林は世界の15億人にとって生活の糧であり、大小の生態系を維持している。
それ以外の62億人にとっては脆弱であるとはいえ、気候変動から自分たちを守ってくれるバッファロー的な存在だ。
だが干ばつや森林伐採、人間が起こした様々な変化が伐採によるダメージに追い打ちをかけている。
世界の森林バイオマス(※1)の半分を占める熱帯地域で、樹木被覆地(ひふくち※2)の減少するスピードが2015年以降60%加速している。
熱帯雨林のこの減少分を1つの国に例えると、二酸化炭素排出量は中国、アメリカに次ぐ世界3位となる。
※1.再生可能な、生物由来の有機性資源で化石資源を除いた生物資源で貴重な再生エネルギーのもとになる。
※2.樹木が覆い茂る地帯
最も高いリスクにさらされているのがアマゾンの熱帯雨林だ。単に地球上の熱帯雨林の40%を占め、陸上生物の10〜15%が生息しているという理由だけではない。
南米のこの素晴らしい貴重な自然は危険なほど限界点に近づいているかもしれない。
その限界点を超えてしまえば、たとえ森林伐採をやめたとしても熱帯雨林が温帯のステップ草原に似たものに変容するのを止めることも、元の状態に戻すことも不可能になる。
アマゾンの森林の80%はブラジル国内に広がる。アマゾンは水資源の多くが循環している点で他の森林と異なる。熱帯雨林が縮小すれば再生、循環する水も減る。そのためどこかの段階で、つまり今後何十年かで、その水を再生する力が弱まれば、森林は一層縮小していくという悪循環に陥ることになる。
気候変動で森林の気温は上昇しており、臨界点は年々近づいている。
しかし1月に就任したボルソナロ大統領はブラジルを開発するために違法伐採を推進している。「先進国も近代化のために森林伐採をやっているではないか」と非難する。

続きを読む 南米ブラジル アマゾンの違法伐採、気候変動に強い影響

北極圏の氷が解ける、最速ペース

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
google_ad_client: “ca-pub-9026794625747798”,
enable_page_level_ads: true
});
北極圏の氷が過去最速のペースで溶けている。
2010年の海水面積は、過去最小だった2012年の記録を更新する可能性が高い。
地球温暖化が一因とみられ、北半球の中緯度地域の異常気象をもたらす恐れがある。
―。
デンマーク気象研究所の研究者が6月中旬、グリーンランド北西部の意味で撮影した写真が話題となった。
例年ならまだ氷で覆われている場所だが、今年はすでに氷が解け始めて水たまり状態になっていた。
国立極地研究所の青木輝夫特任教授は「いつもは7倍上旬に溶け出す。今年は半分以上海が見えていた」と驚く。
北極圏―。 海洋面積 10年で4%減。
北緯66度33分より北の地域をさし、北極点を中心に広がる海は「北極海」と呼ばれる。
アメリカやカナダ、デンマーク、ロシアなど8カ国が領土を保有する。
面積は約217万平方キロメートル(日本の面積の約6倍)のグリーンランドデンマーク領だ。
厳しい気候の中で先住民側芽暮らし、ホッキョクグマやトナカイなどの独自の生態系を持つ。
真夏には太陽が沈まない「白夜」に、真冬には太陽が昇らない「極夜」になる。
地球温暖化の影響は大きく、北極圏の平均気温は他の地域に比べて2倍のペースで上がると予想されている。
海水面積は1979〜2012年の間、10年ごとに4%ずつ減った。
特に夏の海氷の減少が深刻になっている。
北極圏の氷は大きく2つに分類される。1つは北陸海を覆う海氷で、もう1つはグリーンランドなどの陸地の上に形成される氷床だ。
今年はグリーンランドの上空に強い高気圧が停滞しており、島のふちを沿うように吹く風が南の暖かい空気をもたらしたようだ。その結果、気温が上昇し、水床や付近の海水が例年より早く解けだしてしまったという。
海水の面積は例年、冬の2〜3月に最大になり、夏の9月に最小となる。今年は海水面積が最小になった12月と同じようなペースで氷が減っている。

続きを読む 北極圏の氷が解ける、最速ペース