「投資・ベンチャーキャピタル」カテゴリーアーカイブ

バイオ企業成長の条件 国家的支援、競争に必須

神戸大学教授山本一彦氏のコラムに意見
まずはコラムから…
近年、バイオエコノミーという新しい概念が注目されている。人口増、食料・水不足、気候変動などの地球的規模の課題を克服しつつ、経済発展を可能にする切り札として、生物資源と最新のバイオテクノロジー(生命工学)を活用する社会である。経済協力開発機構(OECD)は、2030年には市場規模が約180兆円に成長すると予測している。
そのバイオエコノミーを実現するイノベーション(技術革新)が、「デジタル×バイオ」とも呼べる研究融合の潮流である。
 「デジタル×バイオ」技術の発達により、ゲノムの解読コストは30年前と比較して100万分の1以下に低下したと言われ、情報は加速度的に蓄積されつつある。その間、バイオ領域では生物プログラムを意図的に操作できる2つの技術、「ゲノム編集」と「ゲノム合成」が出現した。「ゲノム編集」はプログラムの一部を書き換える技術、「ゲノム合成」はゼロから書く技術である。
さらに、この潮流を決定的に加速させた要因に、いわゆる第4次産業革命がある。ビッグデータ、AI、IoT、ロボティクスなどのデジタル領域での技術革新により、膨大かつ複雑な生物資源情報をより一層効率的に扱えるようになってきた。
こうした技術革新により、バイオ分野における破壊的イノベーションの実現が極めて現実的となってきた。例えば、これまで大規模な工業プラントで合成されていた化学品を微生物によって効率的に生産させる「生物工場」である。化学プラントよりもコスト優位な「生物工場」が実現すると、製造業のサプライチェーン(供給網)は抜本的に変化する。これが、第5次産業革命とも呼ぶべき「デジタル×バイオ」の姿だ。
米欧中を中心に、「デジタル×バイオ」の産業化を目指す国際競争は激化している。出遅れ感のある日本(図参照)ではあるが、近年、政府や研究機関を中心に本格的に力を入れ始めている。この「デジタル×バイオ」を巡る競争の本質は、基盤技術に関する基本特許の確保、データやノウハウの蓄積、それに分野融合のエコシステム(生態系)構築の3つである。一般論として先行者に有利な競争であり、日本が完全に優位に立つのは難しい。そこで、「選択と集中」の戦略が重要となる。

続きを読む バイオ企業成長の条件 国家的支援、競争に必須

メルカリ、もうひとりの創業者が明かす屈辱

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
google_ad_client: “ca-pub-9026794625747798”,
enable_page_level_ads: true
});
学生時代に起業したウノウを米社に売却し、ほぼ1年間に及ぶ世界一周旅行から帰国した山田進太郎。「今度こそ世界を目指す」。後のメルカリを創業するために仲間にしたのが2人の男だった。大学の後輩で、起業経験がありフリーのプログラマーだった富島寛。そして米シリコンバレーで起業し、山田が以前から教えを請うていた石塚亮だ。「必ず米国に進出する。その時は亮にやってもらえないか」。山田はそう言って石塚を共同創業者として招いていた。
2013年7月2日に公開したフリマアプリの「メルカリ」。3人の思惑は外れ、まったくダウンロードされない日々が続いた。アプリをつくった富島は当時の心境を振り返る。「人がいないアプリだと思われたらもう終わり。こんなはずじゃない。なぜだ、と思っていました」
いきなり追い込まれたメルカリ。起死回生の奇策を提案したのが石塚だった。山田と富島をオフィス近くのカフェに誘うと、こう切り出した。
「このままやってもラチがあかない。ちまちまと広告を出しても意味がない。ここは一気にユーザーを集めよう」
石塚は広告に500万円以上をつぎ込もうと言う。残る資金は1000万円あまり。この頃は広告は後回しで1日に1万〜2万円程度に抑えていた。しかも、石塚が提案したのはただの広告ではない。新規登録したユーザーにポイントを還元する「ブースト広告」。検索順位やランキングがゆがめられることから今ではアップルが排除しているが、当時はギリギリ使える手段だった。
「このままじゃダメだ。バクチでもいいからやりましょうよ」。富島が加勢する。山田はじっと耳を傾けていたが、最後はうなずいた。「賭けだと思いました」

続きを読む メルカリ、もうひとりの創業者が明かす屈辱