「地域貢献」カテゴリーアーカイブ

iPhoneXの販売停滞とIT企業の迫られている社会貢献ビジネス

毎年新機種を出しているアップルiPhone。昨年は10周年記念モデル「X」がでたが本体の販売低迷で部品大手に打撃がでている。中国市場でも有機EL等を始めとするスマホ全体の出荷が停滞しているのが世界的景気減速に表れている。
一方顧客情報流出問題で停滞SNS最大手フェイスブックは巻き返しに必死だが、既存のユーザー中2億人とされる独身層を取り込み出会いサービスを展開するとザッグバーグCEOは明らかにしている。
また元マイクロソフト幹部であるジョン・ウッド氏は、社会貢献を取り入れたビジネスが「今後10年でSNSと同等の重要さを持つようになる」と提言している。昨今の国連発信のSDGs「持続可能な開発目標」をビジネス化しようと多くの企業がしのぎを削っていく今年は、そういった意味で営利法人のコミュニケーション・ビジネスへの傾向が加速すると思われる。
「誰も置き去りにしないために」

温暖化対策

温暖化対策、昨日のあっと驚く中国に続いてアメリカも「パリ協定」を批准。「パリ協定」とは「京都議定書」に代わって2020年からの実施を目指す新たな地球温暖化対策の国際枠組み。中国とアメリカが渋っていたのはご存じのとおり。しかしここに来て批准という大きな前進。批准国が55カ国以上、この批准に実効性を持たせるという懸念はあるものの地球温暖化という大きな世界課題を正面から取組む姿勢を表したのは大きな前進であると言えよう。
にほんブログ村
にほんブログ村
こころ未来社会学国際共生研究所

男女共同参画推進フォーラム

『男女共同参画す進フォーラム』。いわゆる男女平等や男女雇用機会均等法に制定された歴史の中で、どう女性は社会の中で戦い続け、男女共生を進めてきたのでしょうか。そんなイベントが文部科学省のもと開催されました。
ワークショップ1日目は『ジェンダー平等と性の多様性』に参加し、教育関係者の方々に対して、子どもたちのサインへの気付きが自己肯定感の向上につながる事、特にLGBTの事についての重要性の話しをさせて頂きました。
2日目の男女共同参画フォーラム。
ワークショップは2ヵ所で参加しました。
1つ目、『ダイバーシティの本質』〜経済活性化とワークライフバランスを共に実現する鍵〜、つまり企業が多様性こそ新しい価値であると理解し、今後男女が互いに尊重し認め合うために(男女平等を含め)経済成長のための人材活用では無く、人材活用をすることで時間あたりの生産性が向上する経済社会を構築していくかと言うことです。
2つ目、〜高校における男女共同参画の視点を取り入れた実践教育〜『自分らしく生きることができる社会をめざして』では、グループワークのまとめとして、子どもたちの可能性を大人社会が潰すことのないよう地域の学校教育と教育NPOと社会教育機関が連携すべきと申し上げました。
にほんブログ村
にほんブログ村

行政と市民の距離感

今日は自宅の方で市の広報が入っていた。
感じる事がありまして、
広報に載っている事と、実際の行政と、市民と、
連携していくって難しいと思います。
いつも広報を観ているとこれだけのボリュームを行政と市民が共有するには、
対話の機会がない、と言いますか。
のれんに腕押しと言いますか、
毎月、しっかり興味を持ってみていたけれど、
段々、見ても仕方がないと思って流し読みをしてしまった。
世界遺産の候補も役所に椅子並べてやってましたけど、
近所の商店街はマスコミも、
「そうなの?」「今日がそんなことやっているて知らんよ」「良いん違う」
というコメントだけ集めていたでしょうね。
ニュースはそうでした。
にほんブログ村
にほんブログ村