「児童虐待」カテゴリーアーカイブ

虐待に潜む親の「心の病」

子育てに追われ孤立、早めの治療を ストレスが脳に影響/精神疾患もリスクに
親が子を虐待し、時に死に至らしめるような痛ましい事件が相次いでいる。子の心身の傷は深いが、虐待する親の側も心の病をもつ場合が多い。早めに気付き、治療や支援をすれば虐待を防げる可能性もある。
「いけないとわかっていても、つい子どもをたたいてしまう。どうしたらいいのか」。福井大学医学部付属病院子どものこころ診療部を受診した30代の母親は友田明美診療部長(同大教授)と話すうちに少しずつ心を開き、涙ながらに訴えた。ストレスを感じ、うつの状態に陥って自信をなくして息子に手を出してしまったという。
子育てに追われているとき、心の状態にかかわる脳の働きには変化が起きる。友田部長らは就学前の子どもを育てている健康な母親30人の協力を得て、その様子を調べた。大人の顔写真を見せて感情を推測する課題を与え、回答時の脳の働きを機能的磁気共鳴画像装置(fMRI)で測定するとともに、過去2週間の「気分」がどうだったかを記入してもらった。
すると、抑うつ傾向が強いと答えた人は、課題の実施中に右半球の下前頭回(かぜんとうかい)という部分の活動が低下していた。大脳の前頭前野にあり、相手の気持ちを読み取る能力と密接に関係する部分だ。課題の成績自体は落ちていなかったので、画像検査によって能力が実際に低下する前の「兆候」をとらえたとも言える。
こうした能力の低下が起きると家族や地域の人たちに子育ての相談をしたり、互いに協力しあったりしづらくなるおそれがある。結果として自分を追い込み、虐待につながることもあり得る。より簡便な方法で定期的に検査できる仕組みができれば、「親のストレスが深刻化する前に支援の手をさしのべることが可能になる」(友田教授)。
国立成育医療研究センターこころの診療部の立花良之部長によると、精神疾患は母親による乳幼児虐待の重要なリスク因子だ。なかでも「発達障害」と「衝動コントロールの不全」を重視している。1800人近い妊婦を対象にした世田谷区の調査データを分析すると、発達障害のうち「自閉スペクトラム症」や「注意欠陥多動性障害」(ADHD)と虐待との間に統計的な関連性がみられた。
ADHDは身体的な虐待に、自閉スペクトラム症は育児放棄などのネグレクトに、より関係が深い傾向があるという。ただ、ADHDと衝動コントロール不全が重なる場合もあり、因果関係は複雑だ。「精神疾患があるからといって実際に虐待リスクのある人はあくまでごく一部で、孤立して精神的に追い詰められるなどさまざまな要因が絡む」(立花部長)
金井剛・三重県立子ども心身発達医療センター長は「子の虐待は親からのSOS信号。背景に精神疾患があるなら治療して安定な状態にもっていく必要がある」と指摘する。前に勤めていた児童相談所で「子どもを階段から突き落とそうと考えるだけで快感を覚える」と母親に打ち明けられたこともある。しかし、精神が安定すると子どもの体調を心配する優しい顔を見せたという。
近年は父親や継父による虐待事件も目立つ。精神疾患に仕事のストレス、「父の役目をしっかり果たさなければ」という気負いや責任感が重なっているケースもあるのではないかと金井センター長はみる。これまで、母による虐待が多かったのは養育負担が母に偏っていたのが主な理由のようだ。「男性が育児参加するにつれ、父親による虐待も増えるのではないか」(福井大の友田教授)
虐待する多くの親に共通するのは「孤立感と余裕のなさだ」と金井センター長はみる。うつやADHDなどは、こうした状態を強めうる。「患者が自身と相性のよい精神科医と出会い、治療を受け続けられるよう後押しが必要だ」という。
減らせる「世代間連鎖」
幼児期に虐待を受けるとトラウマとなり、自分の子どもにも同じように虐待するケースは「虐待の世代間連鎖」と呼ばれ、よく知られている。海外の調査で、虐待を受けたことのある親の約3分の1が自身の子を虐待するとの報告がある。一方で3〜4%とする説もあり、ばらつきが大きい。
虐待を受けると脳が影響を受けることがわかってきた。福井大の友田明美教授は米国で、子どものころに虐待を受けた18〜25歳の男女の脳を調べた。厳しい体罰を受けた人はそうでない人に比べ、感情や思考を制御する前頭前野の一部が小さくなっていた。集中力や意思決定、共感に関係する部分の容積も減っていた。
ただ、医師やカウンセラーが過去の経験にじっくり耳を傾け、心理療法を施すなどして治療することは可能だという。時間はかかっても脳が修復すれば、世代間連鎖のリスクを減らせる。
(編集委員 安藤淳氏)

怒る親見たら「ガッシャン」 あなたもできる虐待予防

電車内や路上、人の集まるイベントなどで、親に怒られて泣いている子を見かけたら、あなたはどうしますか? 声を掛けてあげたい、断られたらどうしよう……。いろんな思いが駆け巡った末に、行動を起こせない人も多いのではないでしょうか。子どもにほほ笑みかけるくらいしかできなかった、という経験談も多く聞きます。
「周りには大勢の人がいるのに、誰も助けてくれない」。そんな母親の孤独感を和らげることこそ、虐待を防ぐ第一歩です。子育てアドバイザーで、多くの子育て支援団体の役員を務める高祖常子さんと、虐待予防に取り組む団体「ママリングス」代表の落合香代子さんに、どんな行動を起こせるのかを聞いてみました。
■顔を向けただけで「にらまれた」と思い込んでしまうことも
・まず「私は怒ってないよ」とスマイルでママにアピール
・誰でもできる「ガッシャン!」で親を冷静に
・簡単だけど効く「パクパク」と「グーパーグーパー」
・「シール・折り紙・風船」をバッグに常備
「ほほ笑むことも、助けになるんですよ」と話す高祖さん。「切羽詰まった母親は、周りの人が泣き声のする方へ無意識に顔を向けただけで『にらまれた』と思い込んでしまうことがあります。ほほ笑みを向ければ、少なくとも親子に否定的な感情を持っていないことを示せます」
怒鳴っている親を見かけた時、誰でもできる簡単なアクションがあるといいます。少し距離が離れていたり、電車内でかばんを抱えて座っていたりしても大丈夫。それは「大きな音を立てる」ことです。「持っているかばんや本をわざとバサッと落とす、『ガッシャン!』とコップの水をちょっとこぼして『わあ!いけない!』と慌てる、大きい声で話すのもいいかもしれません。意識をこちらに向けて、逆上している親が、ふと我に返るきっかけを作るのです」
もちろん、親が気付かない可能性もあります。しかし直接親子に働きかける必要がない分、気楽に試せる方法でしょう。
もう一歩踏み込む場合、親より子どものほうがアプローチしやすい、と高祖さんは言います。「子どもの目の前で、親指と他の四本指をパクパク開閉したり、グーパーグーパーしながら手のひらを左右に動かしたりするだけでも、結構注目してもらえます。『いないいないばあ』でもいいですね。泣いている子が『何?』と気分を切り替えてくれたら成功です」
また、落合さんはつい最近、「シール作戦」を実行したそうです。江東区内のショッピングセンターでのこと。人ごみの中、赤ちゃんを抱っこしたお母さんが、上の子どもを連れて歩こうとしたけれどその子がなかなか進まず、腕をつかんで振り回す形になりました。わっと泣き出した子どもに落合さんは駆け寄り、「大丈夫? 泣いちゃったね〜。これあげるよ〜」と、バッグからシールを取り出して渡しました。
「子どもはしゃくりあげながらも『ありがとう』と言ってくれました。ママからもお礼を言われたので『大変ねえ、今日暑いからねえ』と話し掛けると『そうなんです。疲れちゃって……』と答えてくれました。思いを吐きだしたことで、ママも少しは気分転換になったみたいでした」
落合さんによると、「泣いちゃったね」と子どもの状態をあえて口に出すことも、その行動を認め、受け入れているというシグナルになり、親子の安心につながるといいます。
高祖さん、落合さんともに、シールや折り紙、風船などをカバンに入れて、持ち歩いています。「あめなどのお菓子は、アレルギーの心配や、親が虫歯を気にする可能性があり、渡すのをためらわれます。シールや風船ならそういう心配はないですし、子どもの関心が移って泣きやむことがあります」(落合さん)
ただ、つかんだ物を何でも口に入れてしまう月齢の乳児に、この手は使えません。江東子育てネットワークはこのほど「こうとうおせっかいシール」を作りました。キャラクターのシールとともに、同ネットワークや虐待防止関連のウェブサイトのQRコードなどが記載されています。「情報提供だけでなく、子どもが泣きやむ道具としても使ってもらえればと思い、あえてシールという体裁にしました」と、落合さんは解説します。
■親の孤立が虐待を生むことも 声掛けで「気にかけている」と伝えて
●親にアプローチするなら
・親へは「共感型」の言葉を
・帰宅後、子ども虐待のリスクも……無理は禁物
・一度断られてもめげないで
親にアプローチするのは、有効であるものの、ハードルが高くもあります。親自身に直接、語り掛けることで「周りの人はあなたを見ている、支えている」というメッセージをはっきり伝えられる半面、掛ける言葉によっては、怒りの火に油を注いだり、より落ち込ませたりするリスクもあるためです。
高祖さんは話します。「親に対しては『ぐずられると大変ですよね』『蒸し暑いと、ご機嫌悪かったりしますよね』といった、共感型の言葉掛けをしてみましょう。『もう夕方だから、赤ちゃん眠いのかな?』など、季節や状況に応じて、泣く理由をそれとなく『問いかけ』の形で言ってみてもいい。親は情報を得ることで、『私が悪いのではなく、夕方だからぐずっているのかも』と、気持ちが和らぎます」
ただ、2人とも「無理はしないで」と口をそろえます。虐待サバイバーからは「周囲から声を掛けられると、帰宅後に母親がいつも以上に荒れた。声を掛けないでほしかった」といった意見も出されていると、落合さんは指摘します。「親が『私の立場を悪くした』『あんたのせいで私が怒られた』とさらに激高し、子どもを虐待するかもしれません。親への言葉掛けはリスクもあることを、心に留める必要があります」
特に、「もう(叱るのを)やめなさい」「周りに迷惑でしょう」「暑い日に子どもを連れ出しちゃだめよ」など、親をとがめるような言葉は禁物です。ただ、高祖さんは「声を掛けて断られても、『私が間違っていたのだろうか』と深刻に捉える必要はない」と強調します。
「例えば、駅の階段で母親がベビーカーを抱え、子どもがぐずって階段を上らない場面に遭遇し、『お手伝いしましょうか?』と声を掛けて断られたとします。親はその時、自分で対応できると思ったのかもしれないし、びっくりしてつい断ってしまったのかもしれない。この親子は今回は助けが不要だったのだなと割り切り、その後も困っていそうな親子には声を掛ければいいのです」
落合さんには、駅で子どもをひどく怒る親を見かけて「大丈夫ですか?」と尋ねたら、すっと離れて行かれた経験があるといいます。しかし落合さんは「親に暴言や暴力がある時は、その行為を止めるのを優先すべきだと思います。親への配慮も大事ですが、子どもの安心、安全が脅かされた時は、見過ごさないことが重要です」と話します。
「周囲にいる10人のうち9人は、心の底では親を助けてあげたいと思っていても、勇気や時間がなくて行動できないのでしょう。しかしその結果、親のほうは『子どもはわんわん泣いていて、私も困っている。周りにはこんなに多くの人がいるのに、誰も手を差し伸べてくれない。私は孤独だ』と考えてしまうこともあります」。高祖さんはこう指摘した上で、次のように話します。
「親の孤独感や孤立は、不安やいら立ちを増幅し、虐待へとエスカレートする可能性もあります。多くの人たちに声を掛けてもらったり、子どもをあやしてもらったりすることで、ホッとして心の余裕が生まれる。たとえその時は申し出を断っても、助けてくれる人は存在する、と思うだけで、孤独感は和らぐのではないでしょうか」
高祖常子
児童虐待防止全国ネットワーク理事。子育てアドバイザー。NPO法人ファザーリング・ジャパン理事、NPO法人タイガーマスク基金理事など多数の子育て支援団体の役員を務め、保育士や幼稚園教諭の資格も持つ。著書に『イラストでよくわかる感情的にならない子育て』(かんき出版)、3児の母。
落合香代子
ママリングス代表、江東子育てネットワーク共同代表。体罰のない子育てを推進する「ポジティブ・ディシプリン コミュニティ」理事。看護師。子育て訪問支援、産婦人科外来勤務、行政の子育て養育支援事業などに携わる。2016年から江東区と協働で、虐待予防、啓発を目的としたイベント「こうとう子育てメッセ」を企画・運営。2児の母。
(取材・文 有馬知子氏)

虐待の痕を見逃さない、法医学者らがチームでけが診断

虐待を見逃さず子どもたちの命を守りたい――。遺体を解剖する法医学者が生きている人の傷の原因を調べる「臨床法医学」が虐待の可能性を判断するのに役立っている。親が虐待を否定しても子どもの体の傷とは矛盾が生じる。千葉大医学部付属病院(千葉市)では児童相談所と連携し、法医学者らが子どもの傷を専門的に鑑定し医学的所見を示す取り組みを進めている。
千葉大医学部付属病院の小児科は2018年、国内の大学病院として初めて「臨床法医外来」を開設した。同外来は児相の依頼を受けた場合、体に傷やあざなどがある子どもを診察して児相に意見書を提出する。
同外来には小児科医のほか、法医学者、コンピューター断層撮影装置(CT)画像を分析する法医画像診断医、虫歯の状況から育児放棄(ネグレクト)を調べる法歯科医らが加わっている。
児相が一時保護した子どもは被害の目撃情報がなかったり、本人が被害状況を正確に伝えられなかったりして、けがが親の虐待によるものなのか判別が難しいケースが多い。同外来では組織横断的なチームが多角的に診察し、虐待の可能性を判断している。
「親が『水ぼうそう』と説明した水ぶくれは『やけど』だった」「子どもの皮膚に残る2本の線状のあざは棒でぶたれた可能性を示す『二重条痕』だった」。法医学者は遺体から学んだ鑑定技術を、臨床法医外来に来た子どもの傷の原因を調べるのに生かす。
同外来に協力する千葉大付属法医学教育研究センターの猪口剛准教授は「一般的な臨床の診察では意識しない所見でも、法医学的な見地から評価すれば、虐待を疑わせる痕跡が見つかる場合がある」と指摘する。
同外来が所見をまとめて児相に提出した意見書は18年に23件、19年は半年だけで30件超に上る。担当者らが意見を出し合い、虐待の疑いがあると判断すれば「身体的虐待を念頭においた対応が望ましい」と記す。
児相がけがをした子どもを一時保護しても、虐待を認める親は少なく、けがの状態と親の説明が食い違う。児相で35年の勤務経験があるNPO法人「児童虐待防止協会」の津崎哲郎理事長は「虐待によるけがの疑いがあっても、親から『転んだ』『何もしていない』と説明されれば覆すのは難しい」と指摘。親の否認に対して法医学者らによる医学的証拠を示すことが重要だと強調する。
課題は虐待を受けた子どもが臨床法医外来を訪れるまでにかかる時間だ。多くは別の病院などで既に治療を受けている。時間がたつと、傷やあざが回復し客観的な証拠が消えてしまう。猪口准教授は「緊急性が高い事案でも受診先や児相で傷の写真をなるべく早く撮影し、記録を残すよう助言している」と話す。
もう一つの課題は法医学者の不足だ。日本法医学会の認定医は約140人と少なく、外来を担当できるのは一握り。法医学者が少ない地方では遺体の司法解剖だけで手いっぱいという。
千葉大付属法医学教育研究センターの岩瀬博太郎教授によると、児童虐待を巡る診察に法医学者が参加するのは欧州各国では一般的だ。岩瀬教授は「法医の目や知識は犯罪の被害者を減らすことにも生かせる。実績を重ね、他の地域にも広げられるようにモデルを示したい」と話している。
死亡児童、15年間で1108人
警察庁の統計によると、2018年までの15年間に虐待で死亡した児童は1108人に上る。虐待を疑われるけがが見過ごされたケースもあり、大阪市では2011年、乳児の1カ月健診で腕や脚が骨折していたのに医師が児童相談所に通告せず、乳児が死亡する事件が起きた。
児童虐待の疑いがあるとして、児相が対応した件数は2018年度に15万9850件(前年度比19.5%)となり、28年連続で増えた。児相が一時保護する事案も増え、2017年度は1万3152件(同596件増)あった。
児相への通告件数が増えていることについて、警察庁の担当者は「虐待への社会的関心の高まりで、通報する人が増えている」と分析。その結果、早い段階で虐待を食い止められたケースがあるとみている。