「オリ・パラ」カテゴリーアーカイブ

障害者の社会参画が進まぬ日本 必要なものは? マセソン美季

10月、アフリカのウガンダから日本に来た友人は、どこに行ってもきれいに舗装された道路や歩道を見て目を輝かせていた。「こんなにスムーズな地面だったら、松葉杖でつまずく心配も減るし、車いすに乗った人も自由にどこにでもいける。障害があっても可能性が広がっていいわね」
同じ時期、2週間東京に滞在したアメリカ人は、違う感想を持っていた。「東京には障害のある人って生活していないの?」。観光地以外にも積極的に足を運び、スーパーで買い物をしたり、銭湯に行ったり、ゴミ拾いのボランティアにも参加したそうだ。どこに行っても人は大勢いるのに、障害があると見える人に出会わなかったのに違和感を抱いたという。
ハードのバリアは少なくなっているのに、そこに障害のある人たちが溶け込めていない。2人のコメントは、日本社会の現状を示唆しているのではないだろうか。
国によって「障害者」の定義は異なるものの、日本では人口の約7%が障害者手帳を持っている。手帳のない人もいるため、実際にはもっと多くの障害者がいる。彼らの社会参画を促すためには、施設や設備の充実だけでなく、そこを利用するすべての人たちの理解やモラルが問われると思うのだが、日本ではどうだろう。
例えばエレベーター。車いすやベビーカー、高齢者、妊婦、子連れの人が優先的に乗れるようにと注意書きがされていることが多いけれど、車いすユーザーの私が優先的に乗せてもらったことは、ほとんどない。また、駐車場で車いす用とマークがついたスペースを、止める権利のない人が平気で利用するケースは減らない。
不正利用に対する罰金制度がないから、現状が変わらないと言った人がいる。でもこうした行為は、ルールや罰金ではなく、正しい知識を浸透させ、人々の意識が変わることで、恥ずべき行為になるはずだ。
Fine(罰金)がなくても、Fineな(洗練された)社会を目指す。お金では買えない豊かさが実感できる国になってほしい。
マセソン美季
1973年生まれ。大学1年時に交通事故で車いす生活に。98年長野パラリンピックのアイススレッジ・スピードレースで金メダル3個、銀メダル1個を獲得。カナダのアイススレッジホッケー選手と結婚し、カナダ在住。2016年から日本財団パラリンピックサポートセンター勤務。国際パラリンピック委員会(IPC)教育委員も務める。
オリパラ開催地「東京」 独自の文化で魅力発信
音楽に合わせて光るバルーンを手に光のアートを楽しむ(11月16日、東京都港区の増上寺)
五輪・パラリンピックは文化の祭典でもある。開幕まで4年間続く文化プログラムはいよいよ佳境に入る。「文化で成功した」といわれる2012年のロンドン大会のように東京が高評価を得るには何が必要か。アートや演劇など洗練された西洋文化が根付くロンドンとは違い、地域芸能やポップカルチャーなど東京ならではの魅力を世界に届けようとしている。
■地域芸能やポップカルチャー
「ねえママ、あっちもピカピカだよ」――。東京都港区にある徳川家の菩提寺、浄土宗大本山増上寺。11月の土曜の夜に境内が約1千個の光で照らされた。
これは東京都が五輪の機運を醸成するために開いた文化プログラム「TokyoTokyoフェスティバル」の中核事業「スペシャル13」のひとつだ。約1千組の参加者の持つ風船型デバイスが参加者それぞれの位置を検知し、それに応じ何色にも輝く。
企画したのはメディアアーティスト集団のライゾマティクス(東京・渋谷)だ。2016年のリオ五輪閉会式で東京五輪を予告するパフォーマンスを手掛けたことでも知られる。
寒い夜にもかかわらず、会場は子ども連れも多かった。都内の保育園に通う5歳の照屋紺介くんは風船型デバイスに興味津々だ。風船型デバイスを地面に置いてみたり空に向けて高く掲げてみたり、大はしゃぎ。「いっぱいピカピカ光って楽しかった」
20年のオリンピックイヤーに行われる中核事業も多彩だ。約10キロメートルにわたり隅田川を舞台に見立てた音楽イベント「隅田川怒濤(どとう)」が4月にある。6月には7人の建築家らが国立競技場周辺で7つのパビリオンを披露する。
6〜9月に予定する「まさゆめ」も注目を集めそうだ。実在の人物の顔を6〜7階建てのビルくらいある大きなバルーンにして東京の空に浮かべる。それをスマートフォンで撮影してSNS(交流サイト)で共有すれば、誰もがプログラムの一員になれる。
スポーツの祭典としての五輪は一握りの競技者だけが参加できるのに対し、文化の祭典は誰もが関われる。五輪憲章は選手村の開村期間中に文化プログラムを催すよう義務付けているが、12年のロンドン大会で規模が拡大。より多くの人を五輪に巻き込むため開催都市のプライドをかけたイベントとなりつつある。
■文化の成熟度示す
というのも、過去に開催経験のある成熟都市が再び開催都市になる機会が増えているためだ。初めて開催する新興都市には1964年の東京の新幹線や首都高速道路のように五輪のレガシー(遺産)が明確だ。しかし成熟都市にはインフラが整い「文化の成熟度を示してブランド力を高めることしかない」と文化研究家の太下義之氏は話す。
特に12年のロンドン大会で世界を驚かせたのが文化プログラム「アンリミテッド」だ。車いすの女性が水中でダンスを披露するという誰も見たことのない演出で、障害者による表現の可能性を広げたと称賛された。障害者や移民など少数派をアートや演劇を通じて社会に包み込んできた都市の実力がにじみ出た。
では東京の文化の成熟度を示すものとは何だろうか。太下氏は「高齢者の可能性を広げることではないか」と指摘する。世界の大都市でこれから最も早く高齢化が進むことになる東京が明るい高齢者の未来を提示できれば世界が称賛するレガシーとなる。「CHOJU(長寿)を世界語に」と目指す東京都の小池百合子知事にとっても力の見せどころとなる。
■文化の祭典、全国で展開
「おれも踊りてええええ」――。12月8日、東京都が岡山県倉敷市で開いた文化プログラム「東京キャラバンin岡山」は市井の人々を描いた1時間弱の芝居となった。
インタビューで集めた実話をもとにした群像劇で、主役級の男性は岡山の地域芸能である備中神楽を生活のためにあきらめて東京のホテルに就職する。ホテルマンとして実力をつけた男性だが、備中神楽が忘れられない。ついには岡山物産展のマネキンが昔の踊り仲間に見え帰郷を決意するという物語だ。
東京キャラバンはその名の通り一団を組んで全国を巡業してきた。五輪の機運を東京から全国各地へと広めようとする試みだ。
都内で活躍する俳優や音楽家、ダンサーらを連れ、全国各地の地域芸能と新たなパフォーマンスを生み出す。これまで東北や四国、九州などで展開し、仕上がりはパレードのようだったりサーカスのようだったり音楽祭のようだったり様々だ。年末年始の北海道を最後に地方巡業を終える。20年は全国で作り上げたパフォーマンスの粋を集め都内で披露する。
文化プログラムを通じて全国に五輪の機運を広めようとしているのは東京都だけではない。大会組織委員会も東北復興をテーマにプログラムを準備中だ。東京芸術大学の箭内道彦教授をプロデューサーに招き、巨大人形「モッコ」を作って東北各地を巡る。復興への思いを集めていき、東京に届けるという。
政府は国際観光旅客税(出国税)を財源に助成する「日本博」を展開している。北海道では20年春開館する民族共生象徴空間(ウポポイ)などを拠点にアイヌ文化の魅力を発信するプロジェクトが進む。沖縄県では琉球王朝時代から発展してきた伝統芸能「組踊」の公演を予定。京都市では絵画や彫刻、工芸など京都ゆかりの国宝を通じて日本人の自然への畏敬や美意識を世界に発信する。
■観光振興の絶好機
文化庁によると、こうした文化プログラムは11月時点で累計2万件を超えた。東京だけでなく全国各地で実施・計画されており、日本博を担当する文化庁の坪田知広参事官は「文化観光を振興する、絶好のチャンスだ」と息巻く。
ただ「大会本番まで1年を切ったのに思ったほど盛り上がっていない」という声もある。その批判の矛先は分かりにくさに向く。国と都、組織委が、それぞれ別々に「日本博」「TokyoTokyoフェスティバル」「東京2020NIPPONフェスティバル」と似たような名前の事業を展開しているためだ。
一方で「できるだけ多くの人に全国各地で楽しんでもらうには総力を挙げるのが当然だ」とする意見もある。雑多か多彩か――。その評価は文化プログラムを通じて世界に日本を発信しようとする参加者次第なのかもしれない。あなたも一緒に踊りませんか。
(桜井佑介氏)

仕事帰りに研修に、ブラインドサッカー好評

体験会、声掛け合って連携
日本ブラインドサッカー協会が実施している競技の体験会(10月、東京都新宿区)
2020年東京パラリンピックを来夏に控え、ボールから鳴る音を頼りにプレーする視覚障害者向けの「ブラインドサッカー」の競技団体が、平日夜に実施している体験会が好評だ。目隠しして視覚に頼らないことで、周りの人とのコミュニケーションの重要性を学ぶきっかけにもなり、研修に取り入れる企業が年々増えている。
「こっちです」「もう少し右!」。東京都新宿区の多目的ホールで開かれた体験会。アイマスクをしたキッカーがボールをコーンに当てる練習中、アドバイスをする参加者の声が響いた。
ブラインドサッカーは1チーム5人で、キーパー以外は目隠しをする。フェンスで囲んだフットサルコートを使用し、ボールからは鈴のような音が鳴る。2004年のアテネパラリンピックから正式種目に採用された。
月に数回開かれる体験会は1回2時間ほど。輪になった数人がボールを投げて回し、内側にいる見えない状態の人が音や指示を頼りにボールを触りに行く。
10月中旬に参加した東京都中野区の会社員、川本拓也さん(25)は「周りの人の助けがあると全然違う。自分から伝える大切さを改めて学んだ」。大阪府茨木市から訪れた会社員、栗野修至さん(38)は「声を掛け合うことと、相手の気持ちに立つ必要性を実感した」と満足そうだった。
日本ブラインドサッカー協会は普及を目指し、2014年に体験会を開始。当初は1回の参加者が10人に満たない日もあったが、現在は申し込みが定員の20人を超える日も。2019年3月までに計3千人以上が参加した。
職場のチームワーク向上を目的に研修で活用する企業も多い。協会は2012年から講師派遣のプログラムを開始し、昨年度は66の企業と団体の計約4800人に実施した。同僚との信頼関係構築に有効だとして毎年利用する会社もあるという。
同協会D&?事業部の剣持雅俊部長は「見えないからこそ、互いの意思疎通が重要になる。多くの再発見があるので、たくさんの人に体験してほしい」と話す。

五輪が学生の教材 外国選手をおもてなし

津田塾大、街の課題解決 英語表記で地図/名産品を発信
近代五輪の父、クーベルタン男爵はオリンピックを通じて健全な若者を育て、相互理解や平和を実現しようとした。世界中から人々が訪れ、クリアすべき様々な問題も伴う五輪・パラリンピックの開催は、次代を担う大学生にとっても貴重な学びの機会といえる。日本文化の発信や海外チームをもてなす経験は、2020年東京大会のレガシーとなるはずだ。
メイン会場の新国立競技場、卓球が行われる東京体育館への「玄関」となるJR千駄ケ谷駅。改札手前で外国人観光客が足を止めた。視線を向けたのは、駅周辺や会場が英語で記された「SENDAGAYA MAP」。制作したのは、駅前にキャンパスが広がる津田塾大の学生たちだ。
「こんな近くで五輪が行われる。何か関われることはないか、ということで学内でアイデアを出しあった」と語るのは「梅五輪プロジェクト」学生代表の増野晶子さん(20)。2017年4月に開設された総合政策学部の1期生を中心に、現在は160人の学生が同プロジェクトに参加する。大学が力を入れる英語とデータサイエンスを生かし、16のテーマが進行中だ。
プロジェクトは2つの「志」を持っている。オリパラ開催で生じる課題解決への貢献と、日本の魅力発信だ。「現代社会の課題解決力を養う」という学部の教育方針にもぴったりのフィールドワークといえる。
千駄ケ谷駅の英語マップもその一つ。これまで通勤通学の人ばかりだった街に外国人の姿が目立つようになった。「実際にどんな問題があるのか、商店街や駅を聞き取りして回った。その中で出てきたのが『英語』だった」と増野さん。将棋会館からは英語で説明が難しいと聞き、ルール解説の英語版パンフレットを制作した。アイスクリーム屋の英語メニューも作った。
スマートフォンの利用や飲食など電車内のマナーを説明した外国人向けパンフでは、美術館の協力を得て浮世絵をモチーフに使用した。担当した滝まりなさん(21)は「海外の方たちの関心を引くにはどうしたらいいか、知恵を絞った」と話す。他にはSNS(交流サイト)上で落とし物を探す人と拾った人をマッチングさせる、自動応答システム(チャットボット)の開発にも挑戦中だ。
来夏は今以上に千駄ケ谷周辺を訪れる人が増えるだろう。オリパラ期間中、津田塾大ではキャンパス内で日本文化を体験できるイベントを企画している。
「東京の外にも盛り上がりを広げたい」と、梅五輪プロジェクトでは地方の魅力発信に力を入れる。眼鏡フレームや漆器の産地である福井県鯖江市と連携。学生が開発した商品を販売する。長野県飯田市の名産品として知られる水引の制作実演や販売も企画中だ。
増野さんらを指導する総合政策学部の曽根原登教授(65)は「学生が主体となってやることに意味がある」と語る。オリパラのレガシーとは、大会を触媒に社会の仕組みや価値観を変えることだ。学生にもチャレンジングな機会といえるだろう。
国際交流も深く
早大、事前キャンプ地に 外国選手をおもてなし
東京大会では各国の選手団が日本各地で事前キャンプを行う。トレーニング施設や宿泊所がそろった大学はアスリートにとって格好の練習拠点だ。受け入れをきっかけに、大学生が選手たちと国際交流を深める機会も増え始めている。
7月中旬。早大所沢キャンパス(埼玉県所沢市)では、韓国での水泳世界選手権を間近に控えたイタリアの競泳チームが練習を行っていた。来年の東京五輪の事前キャンプでも使用する同大の視察を兼ねた合宿。選手はプールやトレーニングルームを使用し、施設の感触を確かめた。

続きを読む 五輪が学生の教材 外国選手をおもてなし