「変なカフェ」を作った職人 稼ぐロボが飛躍する未来

若者の街・渋谷のど真ん中。競合がひしめくカフェ激戦区で、2018年2月に華々しくオープンし、現在も営業を続けている店がある。運営主体は大手旅行会社のエイチ・アイ・エス(HIS)。注文に応じてコーヒーなどのドリンクをカウンター内のアーム型ロボットが作って提供する「変なカフェ」だ。店員は、ロボットをメンテナンスする要員が1人だけ。この変なカフェのすごみは、単なる実験で終わらず、2年半を経た今でも営業を続けており、しかも、カフェとして黒字を達成している点だ。

「ロボットだけでこれほどの長期間運営し、ビジネスとしても成り立っているのは、おそらく変なカフェが世界初」。そう話すのは、この店を企画し、ほぼ独力で立ち上げた功労者であり、今はロボットサービスを提供するスタートアップQBITロボティクス(東京・中野)社長の中野浩也氏だ。

立ち上げ当初、変なカフェはマスコミがこぞって報道し、話題となった。広告宣伝効果があれば、カフェとしての収支には目をつぶるという考え方もあっただろう。それを許さなかったのが、変なホテル、変なレストランなど「変なシリーズ」の発案者であるHIS会長兼社長の沢田秀雄氏だ。沢田氏は中野氏に、こうくぎを刺した。「実際に営業する店を作るわけだから、カフェとして収支が成り立たなければやる意味はない」

中野氏は、この厳命を受けた瞬間から、頭の中でそろばんをはじき始めた。人間同様の動きができる高価なロボットを一から作ったのでは、とても収支が合わない。思い付いたのが、世界の様々な工場に導入されている汎用の工業用アーム型ロボットを導入してコストダウンを図る作戦だ。

ドリッパーやコーヒーカップなど、直径が異なるものをつかめるようにそれぞれ専用の手先部を開発すれば、これもコスト増の要因となる。そこで、中野氏は、ドリッパーの下部に、カップと同じ直径のアクリルの外枠を取り付けた。ドリッパーとカップのサイズを合わせ、同じ手先部の同じ動作でつかめるように工夫したのだ。

「今までは既存の物に合わせて高機能のロボットを開発していたから莫大な費用がかかり、無理が生じていた。そうではなく、ロボットに合わせて既存の物を変えれば、わずか数千円のアクリル板で事足りる」(中野氏)。この逆転の発想が、従来、ロボットの導入を困難にしていた扉をこじ開け、変なカフェを通常の店として成立させたのだ。

■HIS沢田会長が問いかける「君は幸せか」

変なカフェの発案者である沢田氏と、その構想を現実のものとした中野氏。2人の出会いは5年前の15年に遡る。中野氏は、新卒で入社した三菱重工業でターボチャージャーの組み立てロボット開発などに携わる。その後、大手システム会社を経て、クラウドサービス会社を設立。社長を務め、当初数人だった会社を1000人規模に躍進させた。

QBITロボティクス社長の中野浩也氏と、社内に展示したカフェロボット

QBITロボティクス社長の中野浩也氏と、社内に展示したカフェロボット

中野氏は50歳で会社を辞めて、全く新しい仕事にチャレンジしようと決めていた。社長退任後、数カ月間、国内外を旅行するなど骨休めをしていた中野氏に声を掛けたのが、前職で取引先として関わり、当時、ハウステンボス(長崎県佐世保市)で技術系顧問をしており、現在はロボット技術開発のハピロボ(東京・世田谷)社長を務める富田直美氏だった。当時、ハウステンボスはロボットが接客する「変なホテル」を運営し始めており、情報システムを担える人物として、白羽の矢が立った。

面接が行われることになり、中野氏はハウステンボスの会議室に呼ばれた。同席していたのが沢田氏だ。その時に受けた質問を中野氏は鮮明に覚えている。「単刀直入に『君は幸せか』と聞かれた。面を食らったが、『今までの仕事人生は人に恵まれ、現に今、人の縁で沢田会長とこうして話すことができ、ハウステンボスに入るチャンスをもらえている。これは幸せであり、感謝している』と伝えた」。その答えがどの程度影響したかは分からないが、中野氏は面接に合格し、晴れてハウステンボスの一員となった。

取り組んだのが、遅れていた情報技術(IT)ネットワークの強化だ。変なホテルも含め、テーマパークの運営にはインフラ整備が不可欠と確信していた。だが、多額の費用がかかるこの案件は、決裁者である沢田氏が首を縦に振らなければ進まない。中野氏はプレゼンをしてネットワークの重要性を説明し、判断を仰いだ。

驚いたのが、沢田氏の判断のスピードだ。しかも、思い込みや臆測ではなく、言うことに耳を傾け、情報を偏見なしに自然体で吸収し、即断する。また、説明や訴えに対しても、実に素直な質問が返ってくる。「当然そこに疑問が生じるであろう当を得た質問ばかり。その答えを聞いて質問、答えを聞いてまた質問と繰り返し、良い話も悪い話も全部吸い上げていく」

中野氏はハウステンボスに1年半在籍したが、こうした沢田氏へのプレゼンを何度も乗り切り、サーバーを全て入れ替え、ソフトウエアを一新し、園内のWi-Fi(無線LAN)の完備までやり切った。

■一人、また一人と消えていく会議

変なホテルのロボットにも中野氏は携わる。ロボット関連会社の話を相次いで聞き、ホテルで使えそうなロボットを常に探し歩く日々だった。前例がない中、良しあしを判断するには、実際に入れてみるしかない。窓ふきロボット、芝刈りロボット、ポーターロボットなど、試しては有効性を見るトライアンドエラーを繰り返した。

そんな時、沢田氏から出た第2のアイデアが、ロボットによる「変なレストラン」だ。当初、中野氏も含めて社内外のエキスパート約30人が会議室に招集された。決まっているのは変なレストランをつくること。ただ、具体的に「何をどうするか」は全くの白紙だった。

沢田氏出席のもと、会議は何度も開かれた。しかし、中野氏は背筋が寒くなる思いをすることになる。「回を重ねるごとに、発言の無い参加者が一人、また一人といなくなっていった。リスクを取ってやろうとする人は残すが、それ以外は会議に呼ばなくなったのだと思う」(中野氏)。最終的に残ったのは、企画責任者と中野氏のチームのみだった。

そこからは、情報システム部のスタッフとともにアイデアを練り、中野氏が沢田氏にプレゼンし、判断を求める日々が続く。沢田氏からダメ出しを突き付けられることも多かったが、それは決して全否定しているのではなかった。「よく言われたのは、『ダメなことには必ず原因がある。その原因を解決すれば物事は良くなっていく』ということ。指摘された点を改善し、また何か言われたらそこも直す。そうして積み上げていくことによって、研ぎ澄まされた良いものができ上がっていった」(中野氏)

変なレストランが開業したのは16年7月。入り口では当時、まだサービスインしたばかりのIBMの人工知能(AI)「ワトソン」と連携したコンシェルジュロボットが出迎え、店内ではお好み焼きを作る調理ロボットや、アルコールを提供するバーテンロボット、各テーブルにはコミュニケーションロボットが待ち構える。食事後の食器も皿回収ロボットがせっせと片づける。そこは世界に二つとない、未来感があふれるレストランとなり、世間の耳目を一気に集めることに成功したのだ。

■ロボットを「本気」で使う

変なカフェを開業に導いた中野氏は、これまでの経験を生かし、実際に社会の中で使われるサービスを形にしていくことを目指してQBITを立ち上げ、様々な飲食店や施設にロボットを納入した。

「飲食店でも施設でも、ロボットを本気で使っている事例を繰り返し見せていかないと、事業者は真剣に導入を考えないし、生活者からも現実のものとして捉えてもらえない。大切なのは、プロダクトづくりではなく、サービスづくり。いかに世の中に既にあるロボットを取り入れて、実装可能なサービスに落とし込んでいくかが、ロボットの普及に最も重要なポイント」と、中野氏は話す。

QBITでは、中野氏のその思想を実現するためのキーテクノロジーを持つ。それがロボット制御と画像認識発話エンジンの2つの要素を組み合わせたロボット運用のプラットフォーム「おもてなしコントローラ」だ。QBITでは、いずれの事例でもこのおもてなしコントローラーを採用して、飲食店のロボット化を成功させてきた。

このプラットフォームが優れているのは、メーカーやタイプに依存せず、様々なロボットに実装してまとめて動かすことができる高い汎用性を持っていることだ。「国内、中国、欧米のメーカーでも、アームロボットだろうがコミュニケーションロボットだろうが、その時出ている最も安いロボット、最も便利なロボットを組み合わせてサービスを構築できる」(中野氏)

一方、飲食店以外の別の話も動き始めている。QBITは、コロナ下で遠隔・非対面・非接触の配送ニーズが増加する中、21年4月以降、森トラストのビル内で自動走行ロボットを使った館内配送の実証実験を行う。実証実験で得た知見やノウハウを用い、21年後半には、異なるタイプのロボットの連携による館内配送サービスの事業化を検討中。大規模オフィスビルや大規模商業施設をターゲットに販売する予定だ。

「ロボットの社会実装を一気に進める、またとない局面が今訪れている」と話す中野氏。変なシリーズを手掛け、異端視されていたが、コロナを契機に時代が一気に追いついた。21年はロボットサービスのトップランナーとして真価を発揮する場面が増え、飛躍の年となることだろう。

(ライター 高橋学)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です