ソフトバンク、東大とAI研究所を開設

ソフトバンクは6日、東京大学と人工知能(AI)の研究所を開設すると発表した。AIの基礎研究のほか、先端医療などにAI技術を応用する研究も手掛ける。研究成果は共同で事業化し、そこで得た収益を研究開発やAI人材の育成に投資する。東大や海外の有力大学の研究者を招き、世界最先端のAI研究機関を目指す。
「Beyond(ビヨンド)AI研究所」を2020年度内に立ち上げる。基礎研究の研究所を東大本郷キャンパス(東京・文京)に設け、応用研究の拠点はソフトバンクが20年度に本社を移転する竹芝オフィス(東京・港)に設置する。
AI研究では米国や中国が先行し、なかでも大学がAI関連の特許を多く保有している。ソフトバンクは東大と組むことで、AI関連の研究や技術開発で巻き返しを図る。ソフトバンクは研究者や学生の活動資金として、グループ全体で10年で200億円を投資する。
ソフトバンクG孫氏「基礎研究だけでは続かない」 東大総長と対談
ソフトバンクグループ(SBG)の孫正義会長兼社長と東京大学の五神真総長は6日、共同設立する人工知能(AI)の研究所について都内で対談した。孫氏は「基礎研究するばかりではお金も情熱も続かない」と指摘した上で「技術を事業化に結びつける」ことが重要と強調した。
SBG子会社のソフトバンクと、東京大は2020年度内にAIに特化した研究所を設ける。研究成果は共同で事業化し、人材育成に投資する。孫氏は「学生たちに学ぶ機会を増やし、起業のチャンスをどんどん与えていきたい」と述べた。SBG傘下のソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)の投資先のAI企業との連携も視野に入れる考えを示した。
五神氏は「最近は東大にもスタートアップ企業のオフィスも集積し、優秀な学生がこぞって起業を目指すようになった」と述べた。一方で「(東京大学は)国内では一番トラディショナル(伝統的)な組織。新しい物好きなソフトバンクとの連携は社会にいいインパクトを与えるのでは」と期待を示した。
孫氏はAIを巡る情勢について「米国と中国が国をあげて真っ向勝負している。企業数やその規模、特許の出願数も2国のトップ争いになっている。日本は蚊帳の外と言っていいくらいだ」と危機感を示した。その背景として「日本はAIについて十分な知識が得られる学習の場が少なかった」と述べた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です