ATM 世界で減少 キャッシュレス決済、急速に普及

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
google_ad_client: “ca-pub-9026794625747798”,
enable_page_level_ads: true
});
銀行の経営モデル、転機へ
世界全体で銀行のATMが減り始めた。
主要国ではスマートフォンを利用したキャッシュレス決済が急速に普及し、既存のATMや店舗を基盤とした銀行のビジネスモデルは大きな改変を迫られている。
特に銀行を介さない仕組みも出てきており、金融サービスを取り巻く競争は激しさを増している。金融当局による規制の在り方も問われている。もともとATM運用にかかるコストが重く、我々ユーザーに負担が降っかかってきている。
ただセブンペイの例もあるように、セキュリティ面でまだまだ各社キャッシュレス決済に一抹の不安を残している。
世界のATM台数は前年末に比べ1%減の324万台で初めて減少に転じた。
中国ではATMの減少と共にQRコードによる決済が最近2〜3年で急速に普及。若者の多くは財布を持ち歩かず、銀行店舗を訪れたりATMを使ったりすることもほぼない。現金の受け取りを拒否する店も増えている。
アメリカでは銀行支店の閉鎖が要因でATMが小幅減少したとみられる。設置台数で3位のインドは増加したものの、同国も伸びが鈍化したという。
世界4位の日本は20万2300台で0.2%減だった。2000年代以降にコンビニエンスストアに設置されてきたが、直近では頭打ち感が強まっている。
銀行はユーザーの事を考えないところなので、ただ減らすことしか考えないだろう。また最近の銀行受付もレベルが低いのでATMを減らさないでほしいな。でも既に銀行店舗数も減っているので、何か別のサービスを強化してほしい。
実際GAFAをはじめユーザーもキャッシュレス決済にすぐ慣れるだろう。但し高齢者対策は考えないと決済できる媒体はカードくらいしか持てないだろうから気を付けてあげるべきだ。
フェイスブックが抱えるユーザーで27億人だ。「リブラ」包囲網などと言ってはいるが、いずれコストの低い無店舗のキャッシュレス決済の時代がきている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です