NEC、新卒年収1000万円超

先日、40代の早期退職での人材好循環による企業力の底上げの話題に触れた。
今度は、優秀な新卒人材を獲得するのに思い切って高待遇でIT企業が勝負に出た。
これにもGAFA等アメリカの企業の台頭が影響しているという。
厚遇で日本も含め世界の人材を集めているからだ。
現在大学新卒の平均年収は280万円程度と言われる中IT企業や男性医師で400万円と言われている。
全体的に未だ男性新卒の平均年収が女性を20万円上回る。
NECは優秀な研究者には新入社員でも年収1000万円以上を支払う制度を導入する。
富士通はカナダのAI子会社で役員待遇の報酬を検討する。
NECは2019年10月から、社外の評価を反映して若手研究者の報酬を決める制度を導入する。
新制度では新卒でも学生時代に著名な学会での論文発表などの実績があれば、1000万円」を超える報酬を支給する。
現状も優れた研究者を管理職に抜擢し、年収2000万〜3000万円程度を支払う例もあるが、20〜30歳代は対象外だった。年齢を問わず能力や実績を考慮して決める等級制度を新設する。
富士通はAI人材をグループ全体で20年度に現状の7割増の2500人規模に増やす。カナダに2018年に設立したAI子会社では、優れた人材を日本の役員並みの年収数千万円でこうぐうし、人員を200人程度増やす。
ソニーは2019年度から先端技術に強い新卒社員の年間給与最大2割増しにした。
NTTデータは2018年からトップ級のIT人材を狙い、年収2000万〜3000万円以上を支給する制度を始めた。
LINEも優れた若年技術者に1000万〜2000万円をだす。
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
google_ad_client: “ca-pub-5555637748235634”,
enable_page_level_ads: true
});


ざっとこんな感じで、後追いの企業がこれからでてくるであろう。
「そんなの馬鹿々々しい」とどこかの役員様は言ってるであろうし。

NECにしても富士通、ソニーなどにしてもやろうとしていることに間違いはない。
でも海外からしたら日本企業の職場環境は評判が悪い。
男女差別やハラスメント、ワークライフバランス、やたら数の多い役員で仕事をしない方々が企業の利益を食いまくっている。

まず社内の風通しを良くすること。海外から優秀な人材を呼び込めるほどの環境整備。
優秀な人材は反面孤立しやすい側面もある。先輩、上司の人格性を中心としたチームワークがとても大事である。
何故GAFAが優良企業なのか。もっと分析してもいいと思う。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です