企業の縦割りと巻き込まれる従業員

よく役所は縦割りだ、行政は縦割りだ、なんていいますが、
企業(特に大企業)も縦割りで、中で働いている従業員の方で辛い思いをしていることもあるでしょう。
なんで縦割りが辛いか、というと、
基本的に従業員が30人程度を超える企業はコミュニケーションが取れなくなってくる。
1つに中間管理職やリーダーが自分の考えを仕事に反映させたいからだ。
中間管理職も「仕事のやりがい」を求めているのは仕方ない。
経営陣と現場の間に挟まれて、企業をいい方向にもっていこうというのは
なかなか簡単なことではない。
余程の精神力と能力がなければ、自分の思いを仕事に反映させることは困難である。
そうすると、「経営陣」の思っている方向で何とか落ち着いた。
「営業成績が上がった」「部下が喜んでくれた」・・・
という風に、自分の中で落としどころを探してしまう。
ここで縦割りの話だが、縦割りになると必ず企業には課題がでてくる。
1つは「競争」が生まれる。
1つは「特に他の部署の仕事の進捗や従業員のメンタル」が見えなくなる。
1つは「得意先が分散されることで、人間関係が希薄になる」
例え、横が見えなくてもいい。
でも企業は横の連携が取れてなくては縦がうまく機能しないことも出てくる。
社会起業家もそれは例外ではない。
志だけでは仕事は務まらない。
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です