誰一人置き去りにしない

「誰一人置き去りにしない」
SDGsのキャッチコピーです。
国連創設70周年を迎えた2015年、193の加盟国が地球の未来を創る一つの文書を全会一致で採択しました。
「このアジェンダは、人間、地球及び繁栄のための行動計画である」
このアジェンダ(課題)は、「持続可能な開発サミット」が開催された2015年に西暦2000年を迎えた全人類が今後平和で安心して暮らせるための2001年からの15年間で達成することが宣言された「ミレニアム開発目標(MDGs)の節目に当たる年に、MDGsでまだまだ残された課題をその後継として改めて採択されたものがSDGs(持続可能な開発目標)です。
私は政治家にどうこう言うつもりはありません。自分たちにできること自分たちの力でできることを、次世代を担う子どもたちに伝えるべきなのです。
にほんブログ村
にほんブログ村
一般社団法人ココロ未来学院 06-4792-8639
sukui@kokoro-mirai-gakuin.or.jp
理事長 瑚心すくい(こころすくい)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です