就活記事に思う

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
google_ad_client: “ca-pub-3285104770037511”,
enable_page_level_ads: true
});
経団連が「就活ルール」見直しに動く。
現在、通年採用をしている企業は非常に多い。
やり方は企業によって様ですが、
ファーストリテーリング、ソフトバンク、楽天、サイバーエージェント、ソフトバンク、ヤフー、ディー・エヌ・エー、リクルートライフスタイル、ネスレ日本、サイボウズ、メルカリ等々蒼々たる企業が名を連ねる。
深刻な人材不足。
外国籍の積極採用。
様々に工夫されたインターン制度。
そんな話題ではあるが、私は一番気になるのは、
いつも4年で或いは6年で大学を卒業「させる」ということ。
それに疑問や異論があるのは当たり前だと思うが、
もう大人である。
自分の意志で「何をしたいか」を考え、
自分の思考で「取り組むテーマが何年かかるか」を考え、
そして決意をして「何年で区切りをひとまずつけるのか」を考えなければ、
ならないと思う。
次代のイノベーションをおこすのは自分だという意識、
自分らしい「幸せ」とは、を見つけるために
そんな教育制度の成果が実る日本になって欲しい。
にほんブログ村
にほんブログ村
メールは:瑚心すくい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です