内閣府「自殺統計白書」

「9月1日は、1年の中でも18歳以下の自殺者数が突出して多くなる日。その割合は他の日の2.6倍」(内閣府「自殺対策白書」 2015年8月)
1972〜2013年の42年間で自殺した18歳以下の子どもは、合計1万8048人。(警察庁統計)
1日平均約50人に対して、最も多い9月1日は131人、翌日の9月2日も4番目に多い94人、前日の8月31日も5番目の92人、白書では、夏休み明けのこの時期は「生活環境が大きく変わり、プレッシャーや精神的動揺が生じやすい」と分析
にほんブログ村
にほんブログ村
にほんブログ村
amzn_assoc_ad_type = “responsive_search_widget”;
amzn_assoc_tracking_id = “kokorosukui02-22”;
amzn_assoc_marketplace = “amazon”;
amzn_assoc_region = “JP”;
amzn_assoc_placement = “”;
amzn_assoc_search_type = “search_widget”;
amzn_assoc_width = “auto”;
amzn_assoc_height = “auto”;
amzn_assoc_default_search_category = “”;
amzn_assoc_default_search_key = “”;
amzn_assoc_theme = “light”;
amzn_assoc_bg_color = “FFFFFF”;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です