男女共同参画推進フォーラム

『男女共同参画す進フォーラム』。いわゆる男女平等や男女雇用機会均等法に制定された歴史の中で、どう女性は社会の中で戦い続け、男女共生を進めてきたのでしょうか。そんなイベントが文部科学省のもと開催されました。
ワークショップ1日目は『ジェンダー平等と性の多様性』に参加し、教育関係者の方々に対して、子どもたちのサインへの気付きが自己肯定感の向上につながる事、特にLGBTの事についての重要性の話しをさせて頂きました。
2日目の男女共同参画フォーラム。
ワークショップは2ヵ所で参加しました。
1つ目、『ダイバーシティの本質』〜経済活性化とワークライフバランスを共に実現する鍵〜、つまり企業が多様性こそ新しい価値であると理解し、今後男女が互いに尊重し認め合うために(男女平等を含め)経済成長のための人材活用では無く、人材活用をすることで時間あたりの生産性が向上する経済社会を構築していくかと言うことです。
2つ目、〜高校における男女共同参画の視点を取り入れた実践教育〜『自分らしく生きることができる社会をめざして』では、グループワークのまとめとして、子どもたちの可能性を大人社会が潰すことのないよう地域の学校教育と教育NPOと社会教育機関が連携すべきと申し上げました。
にほんブログ村
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です