行政と市民の距離感

今日は自宅の方で市の広報が入っていた。
感じる事がありまして、
広報に載っている事と、実際の行政と、市民と、
連携していくって難しいと思います。
いつも広報を観ているとこれだけのボリュームを行政と市民が共有するには、
対話の機会がない、と言いますか。
のれんに腕押しと言いますか、
毎月、しっかり興味を持ってみていたけれど、
段々、見ても仕方がないと思って流し読みをしてしまった。
世界遺産の候補も役所に椅子並べてやってましたけど、
近所の商店街はマスコミも、
「そうなの?」「今日がそんなことやっているて知らんよ」「良いん違う」
というコメントだけ集めていたでしょうね。
ニュースはそうでした。
にほんブログ村
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です